ベビースターラーメントリビア 誕生秘話やトリビアのご紹介

深く知るほど味がでる

ベビースターラーメンの誕生秘話や、なるほどトリビアをご紹介します。知れば知るほど深い味わいに!?

ベビースターラーメンが生まれたきっかけは「もったいない精神」

きっかけイメージ

1950年代当時、当社では即席めんを天日干しで製造していました。 そのときに麺のかけらがこぼれ落ちるのを見た創業者(故・松田由雄)は「もったいない」と思い、集めた麺のかけらに味付けをして、おやつとして従業員に配っていました。
そのおやつが評判となり、従業員や話を聞いた近所の方々が次から次へとその麺のかけらを欲しがるようになると、製造中にこぼれた分だけでは足りなくなりました。

「こんなに人気があるのなら、いっそのこと商品として売ってみよう!」と考えたのが商品誕生のきっかけです。偶然から生まれたアイディアですが、お湯を入れて食べておいしい麺と、そのまま食べておいしい麺とは別物です。 最適な味や食感を実現するため、材料の配合、麺の太さ・長さ、味のつけ方などに試行錯誤を繰り返して商品が完成し、1959年に発売となりました。

ベビースターラーメンという商品名が
できたわけ

商品名

1959年発売時の商品名「ベビーラーメン」は“こども向けの小さいかけらのラーメン”ということでつけました。1973年には子供たちのおやつの中で一番になるように、という願いを込め、商品名に「スター」をつけ加えました。「ベビースターラーメン」というおなじみの名前はこうして誕生したのです。

一袋に入っている麺を1本に
つなげると…?

組み体操10段相当!

30円サイズの「ベビースターラーメン ミニ(チキン)」に入っている23gの麺を一本につなげると、なんとおよそ7mもの長さになります。
※実際に測った結果の例であり、製造する際に長さを測って袋に入れているわけではありません。

1日にベビースターラーメンをどれだけたくさん作っているの?

ベビースターラーメンを作っている久居工場では、「ベビースターラーメン ミニ(チキン)」(23g入り)を、
1日あたり、およそ100万袋も作ることができます。
100万袋とは…

クアッカワラビー 約54,762匹分

中身の重さにすると約23トン。オーストラリアに生息する笑顔のキュートなクアッカワラビー 約54,762匹分に相当します。

140km

袋を縦に並べると約140kmの長さとなります。宇宙に行けます。

宇宙飛行士
7000km

麺を1本につなげると約7000kmの長さ。寄り道しながら地球の中心まで行けます。

モグラと地球